uiuifree.com

- サイト制作のノウハウと最適化を目指して-

2020.10.26composerのバージョン2.0にアップデート

composerのバージョン2.0にアップデート

Composerの2.0がリリースされました。2.0ではパッケージの並列インストールやプロトコルの改善などにより速度やメモリのパフォーマンスが大きく改善されました。

require/removeなどを実行した時パッケージのメタデータのみを読み込むようになっため更に早くなったようです。

https://blog.packagist.com/composer-2-0-is-now-available/

composerのアップデート方法

composer self-update --2コマンドを叩くとアップデートされます。

$ composer self-update --2
Updating to version 2.0.2 (stable channel).
   Downloading (100%)         
Use composer self-update --rollback to return to version 1.9.0

バージョンによって2.xに切り替わらない場合はcomposer self-update を試してください。

composerのロールバック方法

アップデート後意図しない動作になった場合はロールバックを行うことができます。

composer self-update --rollback

composerのバージョンを1.xに固定する方法

composer2.xはLaravelの環境によってビルドが失敗するようになります。 Laravelをアップデートすることで解消するのですが、手取り早くcomposerのバージョンを1.xに戻すコマンドも紹介します。

$ composer self-update --1
Upgrading to version 1.10.16 (1.x channel).

Use composer self-update --rollback to return to version 2.0.2

composer self-update --1を叩くことで戻すことができました。

アップデートした感想

composerの1.x とくらべると2.0は速くなったことを体感できます。 本番環境で動かしてるプロジェクトで試してみると、アップデート前は120秒近くかかっていたのに対し、アップデート後は90秒近くになりました。

目次
PROFILE

このサイトを運営してるuiuifreeです。
渋谷のベンチャー企業で2年ほど新規事業を担当した後にフリーランスエンジニアにキャリア転換。
求人サイトの開発が多くエンジニア/看護師/保育士などの分野でサイトを運営しています。

アウトプット中の技術

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)