uiuifree.com

- サイト制作のノウハウと最適化を目指して-

2020.3.26iPad Pro(2020) 12.9インチと11インチを真剣に迷って買ったもの

iPad Pro(2020) 12.9インチと11インチを真剣に迷って買ったもの

新型iPad Pro 2020モデルがとうとう発売されましたね!発表と同時に購入し2020年3月25日ヤマト運輸で届きました!各キャリアの発売日が3月27日だったのに、それより早く届いてテンションあがりまくりです。ほんとう待ちました。

初代iPad Proが出た時に本当はiPadを買いたかったのですが少し様子みようとて時間が過ぎ、気づけば2代目、3代目と発売され次の新型が来た時には購入するぞ!と非常に息込んでました。コロナが来て工場停止になりApple Storeが休業したときには秋に伸びるのではないか、au PAYの20%オフキャンペーンに乗っかって買った方がいいのではないかと本当に悩みまくりでした。

iPad Pro 2020 iPad Pro 2020

購入前の悩み 11インチと12.9インチどっちを買ったらいいかわからない

これは絶対購入を検討してるみなさん悩んでるかと思います。購入前には11インチの方が持ち運ぶからいいんじゃないか、調べても12.9インチを絶賛してるのはブロガーが使いやすいからそっちを選んでるのではないかと僕も思ってる時期がありました。

届いて実際に作業しながら使うとあら不思議、意外とデカくないんです。

 iPad Pro 2020 デスク

デスク環境

  • 奥:27インチモニター
  • 中央:mac book pro 15インチ(2018)
  • 左:mac book pro 13インチ(2017)
  • 右:ipad pro 12.9インチ(2020)

むしこれ以上小さいと使いづらかった可能性すらあります、自宅で使うには非常にベストなサイズだともいえるでしょう。

メリット USB Type-Cに対応

Apple製品でUSB Type-Cが対応してくれている、これは非常にメリットです。

Androidもヘッドフォンもモニターからの充電端子も全てUSB Type-C、iPhoneのためにLightningケーブルを用意するのは非常に手間でした。

しかもUSB Type-Cであることによって、外部モニターも直刺しできるしメモリーカードの読み込みやUSB-HUBもそのまま挿せるんです。めっちゃ楽ですよね。

メリット ペンがとても使いやすい

前モデルまでの評判通り流石のiPad Proです、Apple Pencilがめっちゃ使いやすいです。 エンジニアなので絵心なく残念な絵ができあがりますが、それでも使いやすいのはわかります。てかノート系の手書きが使いやすい、ipad miniとかで5年くらい前に試したことありますが精度が全く違います、当時のBluetooth連携はおもちゃみたいだったなと思わされるくらいです。(実際そうだったかも)

iPad Pro クリスタ

とはいえ絵心ない人が、どんな良いツールつかってもよくわからない何かが産まれるw

メリット 技術書籍が読みやすい

第一目的であった技術書籍、最近はなんでもかんでもPDFやAmazonで買って電子書籍として読むのですが画面広いと読みやすいです。見開きが良い働きします。 技術書籍って本当かさばるんですよね、新しいこと学ぼうとオライリーぽちぽちしてると一瞬で本棚埋まります、かといって捨てるのはもったいので書籍でなく電子書籍で購入するようになっていました。iPhoneで読もうとするもんなら読めなくはないけど、気力なくして漫画とか見てしまうことも度々(関係ない)

メリット Sidecarが最高

Sidecarはmacと連携して外付けディスプレイとして使用できる機能です。 リモートワークしていて困ることって打ち合わせでホワイトボードを使えないことです。Zoomにも機能としてはありますがペンがないと書きづらく仕方なかったのもこれで解決です!

まとめ

iPad Proを買いたくて買いたくてストレスを溜めてる皆さん、今は本当買いなのでさくっと買っちゃいましょう。悩んでると次のモデルの噂が立って手をつけれなくなります。ずっと迷ってしまします。

きっとAppleは2~3世代もすればまた革新的なものを出してきますので、欲しいと思った時が買いでしょう。

目次
PROFILE

このサイトを運営してるuiuifreeです。
渋谷のベンチャー企業で2年ほど新規事業を担当した後にフリーランスエンジニアにキャリア転換。
求人サイトの開発が多くエンジニア/看護師/保育士などの分野でサイトを運営しています。

アウトプット中の技術

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)