uiuifree.com

- サイト制作のノウハウと最適化を目指して-

2020.6.6ProfotoB10を悩みに悩んだ末購入してしまった、後悔はない

ProfotoB10を悩みに悩んだ末購入してしまった、後悔はない

前回Profoto A1を購入しました。実際に撮影してみて使ってみて予想通り撮影は圧倒的に良くなりました。 ただ合わせてソフトボックスを諸々増やしたのですが、背景飛ばしや開放絞りでの撮影にもうすこし光量あればいいなーと思って直後に Profoto B10も購入しました。

小さな巨人

Profoto B10はバッテリータイプのブロックストロボ、B1Xをよりコンパクトにしたモデル。
望遠レンズと同等程度に小型化されたサイズだが最大出力は250Ws、クリップオンストロボの5倍程度の出力。さらに定常モデリングランプは最大2,500ルーメンで10〜100%の明るさ、3,000〜6,500Kの範囲で色温度の調整も可能な能力はまさに「小さな巨人」

巨人ながらの強さはカタログスペックだけでなく連写対応もヤバイ
60%程度の出力で発光した場合に5D mk3程度の連写力では途切れることなく永遠と無限連写可能でカタログスペック以上に感じる。

仕様

仕様
最大出力 250W
出力レンジ 10絞り(1.0~10)
リサイクルタイム 0.5~2秒
出力安定性 0.2絞り
モデリングランプ 最大出力2500lm、調整範囲10〜100%、色温度3000~6500K
ワイヤレスコントローラー Flash sync、Remote control、TTL、High Speed Sync
バッテリー容量 最大400回のフルパワーフラッシュ、連続で最大75分までの連続光、バッテリーの充電は90分未満で完了
サイズ W11×H17.5×D10cm(スタンドアダプターを除く)
重量 1.5kg(バッテリー、スタンドアダプターを含む)

B10が我が家に

Profoto B10 はヨドバシで購入しました、かなり悩んでいたのですがOCFキャンペーンが2020/6/15までということで決意して購入。持ち運びのリュックも欲しかったのでDuo Kitも考えましたが途中で冷静になり1灯のみ。

光量の確認をしておきたいのと将来的に必要になったタイミングでB10 / B10 Plusの継ぎ出しできるよう今は買わない。

開封式

まずは届いたセットがこちら profoto-b10-1 profoto-b10-2 profoto-b10-3

そして例のメッセージ

Congratulations.the power of small is yours. The Profoto B10 is a big light in a small package. It's powerful delivers light that's both natural and beautiful,and It's the result of 50 year7s worth of light shaping experience. Bud most of all, it has the capacity to unleash the creatice potential you have within you. Good lick,and we can't wait to see the Images you create.

おめでとうございます。小さな力はあなたのものです。 Profoto B10は小さなパッケージの大きなライトです。 パワフルで、自然で美しい光を提供します。これは、50年に及ぶ7年間の光の形成体験の結果です。 何よりも芽、それはあなたがあなたの内に持っている創造の可能性を解き放つ能力を持っています。 よろしくお願いします。あなたが作成した画像が表示されるのを待ちきれません。

profoto-b10-4 Profoto A1とサイズを比べてみても、あまりサイズ差が無いですよね。
普段ストロボなどを入れてるカバンくらいなら持ち運びは簡単にできそうです。

profoto-b10-5 近くにあったNintendo Switchとも比較

profoto-b10-6 定常光もテストしてみました。プロジェクターのように明るく作品作りにも十分な光量。正直大光量のストロボは初めて使いましたが素人が自宅で使う分には楽しく遊べそうです。 デメリットとしては 価格帯ですが、安心のprofotoで今後も撮影に勤しんでいきます。

目次
PROFILE

このサイトを運営してるuiuifreeです。
渋谷のベンチャー企業で2年ほど新規事業を担当した後にフリーランスエンジニアにキャリア転換。
求人サイトの開発が多くエンジニア/看護師/保育士などの分野でサイトを運営しています。

アウトプット中の技術

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)